hakoの日々徒然

アクセスカウンタ

zoom RSS ささやかな決心

<<   作成日時 : 2009/04/03 23:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

自分自身がよくわからなくて、
お風呂の中でも、部屋でもずっと「話して」いた。

私にできることはあるのだろうか。
だれかのためになれるようなことはあるのだろうかと。

「ウェルフ」様と、仲介者の「ヘルメス」「ミカエル」は、
私のいつもの際限ない内省(というよりウジウジ・・・)をただ聞いていたようだ。

そして、だれが、ということなく告げた。

『あなたはだれかのために、役立つことをしたいと思っている
 その手段として、リーディングをするのは大いにけっこう
 
 だが私たちにはわからない
 なぜ、「そのだれか」があなた自身であってはいけないと思うのか』


どきりとした。

『自分自身が幸せだと思えず、自分自身にたえず不満と不安を抱えている者が
 真にだれかの役にたてると思うのか
 まずは「自分」でいいのではないかな』と・・・

『自分自身だけが特別な思いをしている、というなら間違いだ
 さらにあいかわらずだが、あなたの見ている「私」は
 外から見える「私」であって、「私」自身ではないな?

 「私自身」はあなたの中にしかいない。すべては投影にすぎない
 だったら、外から見えるあなたではなく、あなたから見えるあなた
 それでなぜいけないのか?

 意識の境界がない、ということをまだいまひとつ自覚していないようだ
 あなたはあなたであって、「外から見えるあなた」ではない』


こんな当たり前のことで、まだ引っかかっていたのだな。


こんなことを思ったのは、ミクシィの日記に紹介されている、
「桜の願い」という声ブログを聞いたから。

『桜の「さ」は神のこと、春に桜が咲いて、神が山から里へ下りてくるの知らせる。
 そして桜の花びら一枚、一枚に、すべての人が幸せになってほしいという願いを込める。

 桜はなぜ早く散ってしまうのか・・・
 その桜の花びらに込められた「幸せ」を、少しでも早く、人々に届けたいから・・」

それが無垢の愛、奉仕の精神に繋がるのだと思う。

桜の花びらたちは、「私が」とは言わない。一枚の花びらであることを幸せに思い、
その幸せを「だれか」に届けることこそが、喜びなのだと知っている。

私はやっとわかった。
つまりは、結局は「自分がどう見られるか」だけだったんだなと・・・

内側の自分をあまりに軽視し過ぎていたようだ。
遅すぎるけれど、やっと、やっと腑に落ちた。

そうですよね。私は言った。
まず、「自分の幸福のため」でいいのですよね。と・・・

つまらないこだわりこそが私を縛っていたものだ。
だれかに認められたくて、なにかをするのはウソ。
自己満足のためでなく、「自分のために」そしてひいては「だれかのために」・・


「これからも宜しくお願いいたします」私は「ウェルフ」様に告げた。

なにも、制限などいらないのだとわかりました。
まずは「私のため」に皆様と関わっていきます。

それが当たり前になっていくからこそ、当たり前の決心。

『それでいいのです。そうしたことが聞きたかったのです』
どなたかがおっしゃった・・・



これからも、もしも私の手が必要な方がいらしたら、
どうぞ遠慮なく言ってください。
私にできることは限られているけれど、それでもいいと思われるなら。

今後ともよろしくお願いいたします。

皆様に感謝を捧げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
気付けて良かったですね。
『桜の願い』…
ドキッ!っとしました(^◇^;)

私は…まだまだhakoさんの後押しがいりますよ〜〜〜(^^ゞ だから、繋がっていて下さいね。

いつも☆感謝☆しています。
☆彡ありがとう☆彡
ろしあん
2009/04/04 18:10
ろしあんさん

私もこの「桜の願い」聞いて、すごく心に響いたんです。
そうだったのか・・・って、大切なことに、この年で気づいた。
遅すぎるけどね、人生の晩年でも気づけたらそこから始めてもいいだろうって。

そっかなあ? 私でもまだ役にたてる?
わかることだったら、できるだけ協力するからね。
だからろしあんさんも、頑張って!
hako
2009/04/04 19:25
泣いちゃいました・・・
切なさと、苦しさと
私もいつも悩んでばかりで
でも、だからといって
やっぱり大切なことは確かで
いっそのこと、手放してしまおうかと思っても
やっぱりダメで。。。

hakoさんの凛とした表現に
泣いちゃいました
こんな風に表現できるって素晴らしいと思うんです

本当にステキです
Ann
2009/04/05 22:18
Annさん

私はいつも劣等感の塊で、
自分がやっていること、なにひとつ確信がないんですよ。
というより、頑固者だから、確信がないとできないし、
そのくせ、他の人ができることを羨ましがっていたわけで・・
実際、Annさんにだって、すごく劣等感感じてるのよ。
こんな鮮明な能力、私にはないんだって・・・

でも、ないならない、できないならできないで、
できることをしていくしかないって思った。
なにかをしたくたってできないことは多い。
だけど、その前に、自分が揺れてたら仕方ないって思った。
みんなが当たり前にやってることなんだよね、これこそが。

Annさんは本当に素晴らしい能力を持っているんだから、
ぶれる必要も、手放す必要もなくて、
これから、もっともっと、みんなに必要とされる。
だから、頑張ってね。
私は見ているだけだけどね。
hako
2009/04/05 22:59
『まず、「自分の幸福のため」でいいのですよね。』が気負いすぎて重くなっていた心に響いて、すーっと楽になりました。
少し前から解決策を求めていましたが、hakoさんのブログに答えがあって、嬉しくなってしまいました
それがありがたかったのでコメントしました。
いつか対面セッションに行きたいな、と思いつつ。
これからも応援しています☆
にゃんぐむ
2009/04/07 14:44
にゃんぐむさん

ありがとうございます。
私のブログで、気が楽になってくださったのなら、なによりうれしいです。
私は書きながら、いい加減呆れられてるよな〜と
思いながらね。(^^;;・
5月は場所取れなかったですが、毎月第2土曜は確実にセッションやってますので、
いつかぜひいらしてください。
hako
2009/04/07 18:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
ささやかな決心 hakoの日々徒然/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる